沖縄ダイビングの代表的スポット・青の洞窟

国内のダイビングの鑑賞スポットと言えば、勿論、日本そのものが海洋国家であり海に囲まれているので全て対象になります。 ただ、ダイビングば海に限ったことでは無く、其れは全ての水域を含み、透き通った奇麗な淡水の湖や川など、様々な水中に関する生態があり、自然の不思議、脅威があります。

通常のダイビングスポットと言えば、関東近海では西伊豆方面、それに東京都に属する世界遺産の海といえば小笠原諸島で、ここは沖縄とも海外とも内地とも違った独特の海域のようです。

だが、何と言っても国内の海と言えば沖縄ですね。 沖縄ダイビングでは恩納村周辺のベストスポットが数多く有ります。 其の恩納村周辺の海域でベストと言われるところが「青の洞窟」というところです。

此方は難しい海域ではなくシュノーケリングでも大丈夫で、無論、ライセンスなどは無くてもよく、素人さんでも十分楽しめます。 勿論、ガイドさんが十分な説明をしてくれますし、よく聞く事と練習をした方が良いです。

シュノーケリングは子供から泳げない大人でも身に着けて楽しむ事ができ、其のときに水中眼鏡に浸水した時の水の排出の仕方やマウスに水が入った時の水の排出の仕方、其れに耳抜きの仕方など多少の練習は必要です。   潜水は多分、5m前後までは潜れると思います。

青の洞窟では海中の岩場に掴まりながら、ジックリ海中の観察をできることで、其れは感動ものです。 珊瑚に戯れるクマノミや他にもかなり大きな魚も泳いでいますし、それはそれは十分に楽しみながらもスリルを味わうことができます。